FC2ブログ

またまた雑誌に掲載されたぞ!!

皆さん、こんにちは、です。

さて、今日は
ちょっと前のお話となりますが
お許しくださいませ、m(__)m。

もちろん、46年前の話、
思い出の北海道旅行では
ございませんのでご安心を、ハハ。

3年半前に
自宅マンションをリフォーム
したことを、ブログで
何度か記事にさせて頂きました。

昨年の10月だったでしょうか。
リフォーム時にお世話になった
リフォーム会社の担当者さんから
久しぶりに電話があったんです。

リフォームしませんか?てな話
かと思ったんですが違いました、ハハ。

何かと言いますと
すぎっちょん家をリフォーム雑誌に
掲載させてくれませんか?
といったお話でした。

今回で4回目になるかな。
特に問題は今までも無かったので、
エエですよとお返事したんです。
そして、
1月になって我が家が掲載された
SUUMO.png
雑誌を送ってきてくれたんです。
今回は関西版だけでなく関東版にも
掲載されたようですね。
SUUMO2.png
蔵書をいつでも眺められる
壁面いっぱいのライブラリー
なんて、紹介されてました、ハハ。

雑誌で使われていた写真は、
リフォームプロ2
リフォーム完成後、プロカメラマン
撮影してくれたものです。
文庫本コーナーだけでなく
リフォームプロ
単行本コーナーも撮影してくれました。
あっ、前にも写真UPしましたね。
何度もUPしてすみません、m(__)m。

さて先日、
私がいつもお邪魔してるブロガーさんが
蔵書管理について書かれてました。

ちょっと待って、
この展開、昨日と同じやん!!
あれっ、バレましたか、ハハ。

今日も触発されてしまったようです。
パクってしまったかな、m(__)m。

その方の蔵書は
私のなんか足元にも及ばないのですが
本好きな方の悩みって
皆さん一緒やなぁ~と思ったんですね。

私がこんなコーナーが欲しかったのは
背表紙が全て見えて、いつでも
眺められるようにしたかったからです。
ハイ、自己満足です・・・。

でも、スペースには限りがあります。
リフォームした時に決めたルールは
これ以上本が増えて、棚に置けなく
なったら、売却廃棄することでした。

3年半経つとこんな感じになってます。
蔵書管理2
空いてるスペースに無理やりです・・・。
単行本コーナーでも
蔵書管理4
収まりきらなくなってます・・・。

あきませんよね、
横に並べるのは見栄えが悪いです。
本屋さんは、
絶対にこんな展示はしませんから。

いよいよ、整理をして
断捨離せなアカン時期にきたようです。

どの本を売却するか、
検討しようかな、辛いけど・・、😞😿。

素晴らしい蔵書をお持ちの
ブロガーさんも書かれていたのですが、
もう一つ悩みがあるんです。

つい先日、
久しぶりにブックオフへ行きました。
ある本が目に留まり、あらすじを読むと
渋沢栄一の伝記でした。

渋沢栄一と言えば
来週から始まる大河ドラマの主人公。
買わなあきませんよね、やっぱり。

でもね、自宅に帰ると何か悪い予感が。
何故か当たるんです、この予感って。
蔵書管理3
やっぱり、読んでました・・・・・。
城山三郎著 雄気堂々上下2冊
無駄な買物をしてしまった私です。

ブックオフでは毎回のように
読んだ本を買ってしまいます。
ホント、情けないですよね、😞😿。

対策??はしてるんですよ、多少は。
ブックオフに行く時だけですが、ハハ。

私は蔵書管理ソフトに、
蔵書管理
自宅にある本を全て入力しています。

ですので、ブックオフに行く前に
買おうと思う作家のリストを
スマホで撮影してから行くんです。

欲しいなぁ~と思う本があったら
リストを確認してから買ってるんです。

涙ぐましい努力でしょ、ハハ。

でもね、
全ての作家のリストを撮影出来ませんし
撮影した作家の本があるかどうかも
分かりません。

私って、ブックオフでは
種類の少ない100円コーナーでしか
買いませんから、
撮影した作家の本が一冊も無いことも
多いんです・・・・。

ですので、失敗するんです、😞😿。

やっぱり、これからも
読んだ本を買ってしまうんやろなぁ。
私が好きな本、読みたい本の傾向は
ほぼ決まってますから、しゃあないです。

同じ本を買うのも縁ですね、
もう一度読んだらエエですね、ハハ。

さてと、どうしよう、
どの本売ろうかなぁ、
メッチャ悩んでる私です!!
しばらくかかりそうです、m(__)m。

ランキングに参加中です。
クリックお願いいたします!!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーサイト



今月の1冊!!(このミス)

皆さん、こんにちは、です。

昨日、とうとう兵庫県でも
緊急事態宣言
緊急事態宣言が発令されました。

ガースー首相
記者会見
記者会見をテレビで見ましたが・・・。

何だかなぁ~~~~、😞😞😞、
でしたよね、ホント。

まぁ、真面目な??私らですから、
きっと・・・、たぶん・・・、
2月7日まで巣ごもり生活
しようと思ってますが・・・・・・。

でもなぁ~~、何だかな~~~

あかん、あかん、
こんな話は止めましょうね。
私のブログに似合いませんから、ハハ。

それでは、気分を変えて
今日はのお話でもしましょうか。

毎年12月になると
このミステリーがすごい!
(略してこのミス
という雑誌を買ってる事を
ブログでお伝えしてます。

昨年も12月、記事にしましたよね。
その時の記事はこちらから⇒

このミスについては
何度も記事に書きましたが
過去1年間に発売された
ミステリー小説の中で人気の
高かったものをランキング形式で紹介
してる雑誌です。
このミスについてはこちらから⇒

ミステリー小説好きな私にとって
毎年12月にこのミスを買って
本を選ぶのを楽しみにしてるんです。

しかし、おかしいですよね。
1月にこのミスの話題をするなんて。

決して、ネタが無いから
無理やり記事にしようとしてる
てな事はありませんよ。
いや、多少はあるかな、ハハ。

私は1998年度版から
毎年買ってるので
24冊取り揃える事が出来ました。

でも、
1988年から発売されてる雑誌です。

となると、
1988年から1996年に発売された
このミスが欲しくなります、
マニア??の私ですから、やっぱりね。

さて、どうするか??
そうですね、
頼るのはヤフオクですよね。

調べてみると、ありました!!
頑張って、入札しましたよ、
と言っても、私だけでしたが・・・・。
このミス199419951997
そして
94年度版95年度版97年度版
3冊を手に入れる事が出来たんです。

メッチャ嬉しいなぁ~~

えっ、
そんな古いランキングって
参考になるの?ですか・・・。

確かに・・・・・。
それにWikipediaには
年度別にベストテン作を全て紹介
されてますからね・・・・。
買わなくても分かるんです、😿😞。

意味ないじゃん!!!

まっ、ええじゃないですか。
このミスマニアですから、ハハ。

でもね、
11位以下の作品は
雑誌を買わんとわかりませんよ。

今やミステリー界の巨匠?の一人、
東野圭吾さんも
94年度版で分身が20位以下
95年度版では何とランクイン無し
97年度版で
どちらかが彼女を殺した
13位にやっとこさランクインですから。

この頃は
まだまだB級作家だったようです。

まぁ、それを知ったからと言って
何の得も無いんですけどね、ハハ。

てな事で、
このミス
こんな感じになりました。
見てるだけでもエエなぁ~~~~。
やっぱり、私って変な奴???

あと6冊です。
全てを取り揃えるのは
なかなか難しいかも知れませんが
頑張って探そうと思ってます。

諦めの
とっても早い俺やけど
このミスだけは
最後まで集めるぞ!!!
でも、うまくいくかなぁ~~~。
ちょっと心配やなぁ~~~。

ランキングに参加中です。
クリックお願いいたします!!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

今月の1冊!!(三島由紀夫)

皆さん、こんにちは、です。

さて、
今日11月25日は、
小説家の三島由紀夫
割腹自殺をした日から
ちょうど50年になるそうです。

50年前かぁ~~、
私は中学1年生でしたね。

その頃の私は
小説を読むのは好きでしたが
ルパン明智小五郎が好きな
とっても幼い子供でした、ハハ。

ですので、
このニュースを知った時は、
誰なんやろ、三島由紀夫って、
凄い死に方しはったんやなぁ~
てな事しか思わなかったんでしょうね。

その後、少しだけ三島由紀夫の
三島由紀夫
小説を読んだ私です。

ほとんど内容については
記憶に無い情けない私ですが・・、😞。

一番最初に読んだのは
三島由紀夫2
潮騒だったかな。

いつ読んだんやろか?と思って
奥付を見ると
三島由紀夫3
発行日は、
昭和46年7月10日となってます。

発行されてすぐに買ったかどうかは
分かりませんが、
昭和46年は三島が亡くなった翌年、
私が中学2年の時に読んだようですね。

しかし、なんで急に
三島由紀夫を読んだんやろか?

衝撃的な自殺をした作家やから?

どうも違うような気がします、ハハ。

潮騒と言えば、
映画を思い出しませんか???

私がすぐに思い出すのは
やっぱり、この二人の映画ですね。

そうです、
山口百恵三浦友和ですね、ハハ。

私より、お年を召されてる方は

吉永小百合浜田光男かな???

あれぇ~、おかしいなぁ~。

私が記憶している
百恵ちゃんの映画は
1975年4月の封切りなんですね。
1975年は私が高校3年の時です。

私が潮騒を読んだのは
映画の影響と思ったんですが
違うのかなぁ~~~。

Wikipediaで調べて見ると
何と、潮騒って5作も映画が
作られてるんですよ、ビックリです。
詳しくはこちらをどうぞ⇒

そないに作られてたんや!!

すると、その中にあったんです。
第3作が、
1971年9月封切りだったんです。
丁度、私が本を読んだ頃ですよね。

主役は
朝比奈逸人小野里みどり
皆さん、ご存知ですか??

今は二人共、芸能界は
引退されてるようですね、😞😞。
全く、私は覚えてません、ハハ。

いろいろ探したんですが、
残念ながら映像はありませんでした。

潮騒で有名なのは、やはり
焚き木
※無料写真ACさんより
焚き火のシーンです。

百恵バージョンでは20秒過ぎかな。
小百合バージョンは2分過ぎに
出てくるシーンですので、
是非、上記映像をご覧くださいませ。

私が調べたところによると、
第3作のこのシーンは
もっと大胆?だったそうです。
バ〇トが露わに・・・・です。

きっと、
このシーンが中学校で話題になって
潮騒を読んだと思われます。
なんせ、ミーハーな私ですから、
そして、思春期でしたからね。

私も青春してました、ハハ。

実は、最近になって
50年振りに潮騒を読み返しました。

とっても素直な青春恋愛小説
中々面白かったですよ、ホント。

何度も映画になったのも納得です。

古き良き時代の田舎の漁村の
風景が目に浮かんできましたね。
その中で育んだ二人の純愛
心に沁みました・・・・・・・・。

63歳のお爺さんの
感想とは思えませんな、m(__)m。

最近、
とっても売れてる本があるそうです。
三島由紀夫4
命売りますって本です。

昔、プレイボーイという雑誌に
連載されてたそうですね。

知らんかったわ。
読んで見ようかな、ハハ。

さて、今回潮騒を読み直して
感じた事があります。

名作と言われた本は
やっぱりエエもんやと思いました。

私って、
昔読んだ本の内容なんて
全く覚えて無いもんなぁ~~~。

家にある本、
読み直してみようかな、
もう一度!!!!!
お金もかからんしね・・・・。


ランキングに参加中です。
クリックお願いいたします!!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

今月の1冊!!(枕草子)

皆さん、こんにちは、です。

さて、8月に淡路島
一泊で遊びに行った記事を掲載しました。

その時に、
淡路島モンキーセンターを訪問した事を
報告させて頂きました。
その時の記事はこちらから⇒

とっても可愛い
モンキーセンター11
赤ちゃんおサルさん
出会う事が出来ましたよね。

赤ちゃんって、
ホンマ小さくて可愛いなぁ~
なんて思ったんですね。

すると、
小さきものは、皆うつく
という文言が、
何故か頭に浮かんできたんです。

皆さん、ご存知かな????

そうですね、清少納言が執筆した
随筆集 枕草子の第146段の中に
書かれてた文言です。

すぎっちょんって、
ひょっとして、
古文得意やったん??
なんて事は全くございません、ハハ。

そうですね、高校生の時、
古文と言う教科がありましたよね。
そして、枕草子を習いました。

私にとっては、
断トツ!で嫌いな教科だったんです。

私のが、
私と同じ高校に入学した時の事です。

弟とは3つ違いなんで
私が高校3年の時の担任
高校生になったばかりの弟に
国語を教えていたんですね。

その時、先生に言われたそうです。

お前の兄貴(私です)も
国語、全く出来へんかったけど
お前(弟です)もあかんなぁ~。
すぎっちょん家の血筋か、ハハ。

今で言うとパワハラですかね、ハハ。

まぁ、血筋ですから(笑笑)、
国語、特に古文なんて
チンプンカンプンでした、ホント。

でも、何故か、
この文言だけは覚えてるんですよね。

現代語のかわいいを指す言葉が
古語ではうつくしになるのが
印象に残ったんやろか???

そうやなぁ~、
これも縁やし(よう分らんけど)、
枕草子でも読んでみよか、この際!
なんて無謀な事を考えてしまった私です。

悩みに悩んで??買ったのが、
こちらの本です。
枕草子
ビギナーズ・クラシックス
日本の古典枕草子 角川書店編

ビギナーズがエエですよね、ハハ。

そして、こちらが、
枕草子2
作者の清少納言さんです!!

この本では
章段ごとに、現代語訳で始まり、
その後に原文が書かれてるんです。

現代語訳は何とか読めるんですが
(そらそうな・・・・・)
やっぱり原文はダメでした、ハハ。

途中からは、
現代語訳と注釈を読むだけになった
私です・・・・・、😞😿。

相変わらず、
古文は肌に合わんぞ!!!

でも、私だって
受験の時は一応勉強したようです。

何故か、残っていた参考書、
古文
試験に出る古文単語です。

以前、
試験に出る英単語という参考書
について、このブログで紹介しました。
その時の記事はこちらから⇒

試験に出る英単語が
ベストセラーになったんで
こんな参考書も発売されたんでしょうね。

ちゃんと、
古文2
うつくしも載ってましたね、ハハ。

パラパラとめくって見たんですが、
勉強した形跡、ほとんど無いやんか!
そら、今も苦手なはずです、😞😞。

すると、妙な物を発見しました。
ハイクラウン4
に使ってたようですね。

いやぁ~、メッチャ懐かしいです。
ハイクラウン
裏面には、
ハイクラウン2
※申込期限は終わってます、ハハ。
森永製菓って書かれてますよ。

これは、当時私が大好きだった
ハイクラウン3
※森永製菓HPよりお借りしました。
ハイクラウンチョコレート
の中に入ってたオマケ??です。

覚えてる方、いはるやろか????

当時、
ハイクラウンはとっても高価だった
と思うんですが、
受験勉強してるバカ息子の為に
お袋がたま~に買ってくれたんだと
思います・・・、😿😿。

アカン、
また思い出話になってもた・・・・。
m(__)mです。

さてと、思い出話はおいといて、
枕草子の次は徒然草に挑戦!!

なんてするわけないですよね、ハハ。
古文は諦めます・・・・・。

最近は、
現代文さえも
頭に入ってこない
お爺さんになってもた!!
どんどん劣化してる頭脳です・・・。
髪の毛も、ですね、😿😿。

ランキングに参加中です。
クリックお願いいたします!!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

今月の1冊!!(沢木耕太郎)

皆さん、こんにちは、です。

さて、久しぶりに今日は、
私の読んだのお話をしようかな、
お付き合いくださいませ、m(__)m。

先月の話ですが、日経新聞に
沢木耕太郎
沢木耕太郎さんの新刊が
紹介されてました。

国内を旅したエッセイー集です。

沢木さんの旅の本と言えば、
沢木耕太郎3
深夜特急が有名です。
ほんとは6冊あるんですが、
何故か、家には2冊しかありません。
何でやろ、ハハ。

深夜特急はインドのデリーから
イギリスのロンドンまで
バスだけを使って一人旅する
物語でした。
大沢たかお主演で
ドラマ化もされましたよね。

沢木さんの旅は、
やはり外国がイメージされますが、
今回は、国内旅のエッセイーとの事。

コロナ禍で自由に旅の出来ない中、
旅気分でも味わおうかなと
思って買ってしまいました、ハハ。
沢木耕太郎2
旅のつばくろですね。

沢木さんは
16歳の時に東北1周一人旅
経験されたそうです。

私も16歳の時に北海道旅をしました。
私は友達と二人旅でした。

やっぱり、
一人旅せんとアカンかったやろか・・。
沢木さんのようになれなかった私です。

全く関係無いですね・・・、ハハ。

とっても短いエッセイーなので
すぐに読めたんですが、
とっても印象に残った事があります。

最近、旅行に行くと
もっと若い時に来てたらなぁ~
もっとエエ景色が見れたやろなぁ~
なんて思ったりしてしまいます。

でも、沢木さんは
ようやく訪ねる事が出来た今こそが
自分にとって最も相応しい時
だったのではないか
と書かれてました。

そうですよね、今こそですよね。
やっぱり、年を取っても
旅を続けていきたいもんだ!
と改めて思いましたね、ハハ。

さて、沢木さんの本で
もう1冊、どうしても
紹介したい本があるんです。
沢木耕太郎4
です。

何故か、
単行本文庫本が家にあるんです。

何故かと言いますと、
私が買った単行本を読んだ嫁さん、
とっても気に入ったんです、この本が。

10回近く読み返してるようです。

ですので、
単行本を持ち歩くのは重いので
軽い文庫を改めて買ったんです。

それ程、好きなんや、この本・・・。
びっくりでしょ、ハハ。

面白い、というか
これってノンフィクション??
こんな事、人間出来るの!!!
って感じのお話です。

最強のクライマーとの呼び声も高い
山野井泰史。世界的名声を得ながら
ストイックなほど厳しい登山を
続けている彼が選んだのは、
ギャチュンカン
※Wikipediaよりお借りしました。
ヒマラヤの難峰
ギャチュンカンだった。
だが彼は、妻とともにその美しい氷壁
挑み始めたとき、二人を待ち受ける
壮絶な戦いの結末を知るはずもなかった。
(「BOOK」データベースより)

とにかく、とんでもない話なんですよ。

私なんかがとても想像できない
過酷な状況の中での夫婦の絆・・・。

とにかく奥さんが凄いんです、ハハ。

私は一度しか読んでないんですが、
再読してみようかな・・・。

皆さん、ご興味あれば、
是非お読みくださいね、m(__)m。

「旅のつばくろ」読むと
やっぱり、
旅に出たくなるなぁ~~
何処に行くか考えようかな、ハハ。


ランキングに参加中です。
クリックお願いいたします!!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

プロフィール

すぎっちょん

Author:すぎっちょん
2017年7月末、某百貨店を定年退職した63歳のおじさんです。
52歳の嫁さんと、きままに二人で暮らしています。神戸在住です。

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者
フリーエリア
ブログランキングに参加してます クリックお願いします!! にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR