FC2ブログ

今月の1曲!!(大瀧詠一)

皆さん、こんにちは、です。

さて、7日の日曜日、
いつものように、朝起きて
日経新聞朝刊を読んでました。

日曜日は、毎週楽しみに
してる記事があるんですよ。

それは、
名作コンシェルジュという
毎週、様々なジャンルの名作
(映画、音楽、ドラマ等々)
を紹介しているコラムなんですね。

今週は何かな??
と思って紙面を見ると・・・・・。
大瀧詠一
おぉ~、大瀧詠一やんか!!

A LONG VACATION
というアルバムが紹介されてました。

確かに名作です、ホントに。
私にとって、忘れられない
とっても大切なアルバムの一つです。

このアルバムは
1981年3月21日に発売されました。

と言う事は、
もう40年も経ってるんですね。

私が23歳の時かぁ~~~~~。
時が経つのは早いもんです。
何だかなぁ~、ですよね、ハハ。

さて、今回のコラム、
単なるアルバム紹介とは違いました。

何と、
3月21日に40周年記念として
CDが新発売されるんで
その宣伝も兼ねてるようですね。

しかし、40年経っても
こんなCDを発売するなんて凄いなぁ。

いろいろと特典もあるようですが
今でも買う方がいるって事やろか。

でも、Amazonを見てると
さらに驚く??事があったんですよ。

何と、
30周年記念も発売されてたんです。

やるなぁ~~、
ソニー・ミュージックレコーズさん。

とことん、儲けるお積りですね、ハハ。

ところで、
俺ってレコード持ってたよな???

ドライブする際は、
必ず、このアルバムを録音した
カセットテープ
※今でも保管してます・・・・。
カセットテープ
持って出かけてた私です。

絶対に持ってる!!
と思ったんですが、無いんですよね。

レコード買う金無かったんやろか?

あれだけ気に入って聴いてたのに。
自分の事ながらビックリや、ハハ。

でも、さすがに
CDは買ってるやろと思って調べると。
大瀧詠一2
何とかありましたね、良かった。
何が良かったか分かりませんが・・・。

では、
私の好きな曲を聴いてもらいましょう。
まずはこれからですね。

恋するカレンです。

そうそう、思い出しました。
この歌を聴いた
女の子がこんな事言ってましたね。

振られたぼくより哀しい
そうさ哀しい女だね君は
の歌詞聴いて
何で振った女の方が
哀しいねん!!って・・・・。

確かに・・・、でもなぁ~~~。
こうでも思わんとね、
諦めきれないんですよ、男って奴は。
恨みでも腹いせでもないんやで、😿😿。

実体験?って聞かないでね、ハハ。

さすが、松本隆作詞です!!

それでは、もう1曲聴いてください。

雨のウェンズデイです。

私にとって
この曲が一番思い出に残ってる曲です。

この曲の出だし、
壊れかけたワーゲンの
ボンネットに腰かけて
の歌詞が頭の奥底にとっても残りました。

そして、
このアルバムが発売されて2年後の
1983年の夏の事です。

ワーゲンと言えばビートルですね。
ビートル9
水色のビートル1970年式
を買ってしまった私です・・・・・。
初めて自分のお金で買った車でした。

もちろん、
ボンネットに腰かけましたよ、ハハ。

あれぇ~~、
この話って昔ブログに書いたような?

すみません、調べてみたら、
アルバムは3年前、
ビートルについては2年前に
ブログでご紹介してました・・・。

まっエエか、お許しを、m(__)m。

さて、最近、
昭和時代歌謡曲
若い人たちにとっても人気らしいです。

大瀧詠一も
若い人たちに
聴いて欲しいな・・・・、
大瀧詠一は永遠です!!
もっと長生きして欲しかった、😿😿。

ランキングに参加中です。
クリックお願いいたします!!
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

コメントははじめまして・・。

あの当時、このアルバム、みんなもっていましたよね~。
さんざん聴きました。
ちょうど きのう、FMで恋するカレンがかかっていました。
いつまでも色あせないです。

Re: コメントははじめまして・・。

チャコさま
こんにちは!!
コメント、ありがとうございます、m(__)m。

嬉しいなぁ、さんざん聴きはりましたか、ハハ。

発売された年の夏のビーチ。「全員が」と言って
いいほど、ラジカセでこのアルバムを聴きながら
泳いでいたのを覚えてます。

夏のビーチ、と言えばこのアルバムです!!!

No title

すぎっちょん様
こんばんは。

80年代90年代は仕事が忙しくてほとんど音楽を聴い
ている時間がありませんでした。
大滝詠一も名前だけしか知りませんでしたが家内が
好きだったので車の中で聴くことがありました。
どの曲も耳障りがいいですよね。

愛新覚羅

Re: No title

愛新覚羅さま
お早うございます!!

奥様がお好きだったんですね。
同世代だったのかな???

大瀧詠一はいろんあ人に楽曲を提供して
ますが、イントロ聴けば「大瀧詠一や」
と分かりましたよね。
確かに、とっても心地よい曲作りでした。
プロフィール

すぎっちょん

Author:すぎっちょん
2017年7月末、某百貨店を定年退職した63歳のおじさんです。
52歳の嫁さんと、きままに二人で暮らしています。神戸在住です。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者
フリーエリア
ブログランキングに参加してます クリックお願いします!! にほんブログ村 シニア日記ブログ いきいきシニアへ
にほんブログ村
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR